スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17. 雨夜

2007年01月07日 01:17

何よりも僕は、彼女の洞察力と分析力に感心している。
カウンターでの遣り取りも後で知ったが、しっかり見られていたようだ。
話した内容は教えられないが、大方彼女なら予想しているだろう。

「Snafu Bar」を出て礼を言い、傘を渡して地下鉄の駅に向かおうとした。
数歩離れた僕の背中に、彼女はもう少し話を聞かせて欲しいと声を掛けた。
もし気にしないのなら自分のアパートで、と。
躊躇する僕を、彼女は引き摺っていく。
行動力と言おうか、決断力も見事なものだ。
途中、ベッドルームには近づかないと約束はしておいた。

酒は十分だったがデリで、また大量にビールを補給し彼女のアパートに向かう。
小さな折り畳み傘だけの僕らは、どちらも半身が濡れて寒かった。
僕は「ちょっとごめん」と言い彼女の肩を引き寄せると、
抱えるようにアパートまで走った。
驚いたままの彼女をアパートの玄関ホールまで連れて行くと、
彼女は息を弾ませて笑った。
僕も目を合わせずに笑う。
胸が苦しいのは、きっと走ったせい。
もう深くは考えないことにしよう。

古民家風の調度品で纏められたシンプルな部屋、
ダイニングテーブルで再度グラスを合わせる。

朝方まで彼女とビールと共に、静かな中で話す事ができた。
仕事の事は実は僅かで映画や音楽、日本とアメリカ、酒や食事etc…
何時間話したのだろう。
彼女の部屋の窓からは晴れ渡り、澄み切った空が見える。

心配したような事は僕ら2人に、何も起きなはしなかった。
(期待していたと思われる向きもあるだろうが…)
でも僕は、間違いなく彼女を誘惑したんだと思う、日本での仕事を餌に。
自分の仕事に嫌気が差し、日本に帰るのも嫌になってきた。
しかも二日酔い…

仕事前にシャワーを浴びなければ。
僕は一人、グランド・セントラルへ向かう。
彼女は今日一日、会う事はできないだろう。

IMG_05560.jpg IMG_05580.jpg


↓今日も一押し、よろしくです。↓

 FC2 Blog Ranking
[17. 雨夜]の続きを読む
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。