スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2. 出国

2006年10月04日 01:27

年も明けて間もない、まだ寒い時期だった。
普段は寄り付かない本社から呼び出され、
重い足取りで山手線にある駅を下りた。
普段ならまだ仕事をしている、夜8時を回った頃だったろうか。

スーツには不釣り合いなグリーンの、
10数年来愛用しているM65をコートハンガーに掛け、
社長の前に腰掛けた。
ここから僕の憂鬱が始まった。

「ニューヨークへ研修に行って頂戴。
期間は3週間から4週間ほど。詳細は追って知らせるから。」

留守中の積み上がる要処理書類、何百件もの未読メール、
その他諸々の事が頭の中を支配する。
突然の決定事項。
僕のニューヨーク行きは、こうして決まる。
実に簡単なものだ。

それから何度か、なぜ僕なのか、
もっと若くて能力(と時間)のある社員がいるじゃないですか、
などと本意を翻すよう説得を試みたが、押し切られた形だ。
「あなたが適任なの。分かるでしょ?」
多分、僕には分からないです…
声にせず答えた。

研修という表向きの理由と、本来の仕事を抱えて、
数ヶ月を隔てた酷暑の中、機上の人となったのは、
まだほんの数日前のように思える。

この本来の仕事が今でも、僕の気持ちをニューヨークに残す事になる。

IMG_02650.jpg


IMG_0278.jpg



FC2 Blog Ranking

[2. 出国]の続きを読む
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。